スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

選抜高校野球 県岐阜商は初戦で市和歌山と対戦へ 岐阜

2021年2月24日11時00分

 3月19日に兵庫県西宮市の阪神甲子園球場で開幕する第93回選抜高校野球大会の組み合わせ抽選会が23日に開かれた。新型コロナウイルスの感染状況を踏まえ、出場32校の主将がオンラインでくじを引いた。県岐阜商は大会4日目の第1試合で、市和歌山との対戦が決まった。

 県岐阜商の高木翔斗主将(2年)は、学校から抽選に参加。同県対決を避けるため、先にくじを引いた6校分を除く「ア」から「ハ」まであるくじの中から、「ク」を選んだ。引き当てたのは20番。市和歌山との公立校対戦が決まった。

 県岐阜商は、2年連続30回目の選抜出場。昨年の選抜大会は中止されたものの、昨夏の甲子園交流試合に出場し、甲子園を経験した選手も多い。昨秋の県大会で優勝したが、東海大会の決勝では中京大中京(愛知)に敗れ、2年連続の準優勝に。チームは甲子園での雪辱を期す。

 抽選会の後、高木主将は「対戦相手が決まり、楽しみで、身の引き締まる思い。相手がどこでも、いつも通りの野球をしたい。相手は好投手だが、自分たちの打撃で打ち勝ちたい」と意気込みを話した。

 チームは、昨秋の東海大会で2試合連続で相手を0点に抑えた左腕野崎慎裕投手(同)、最速148キロの右腕松野匠馬投手(同)ら、球速140キロを超える5投手を擁する。打線は高木主将を中心に、打率4割超の中西流空選手(同)、巧打の山本晃楓選手(同)らをそろえ、切れ目がない。

 同校出身の鍛治舎(かじしゃ)巧監督が、2018年3月から指揮を執る。「年末年始の合宿で一度仕上がり、臨戦態勢になっている。選手らは、いい感じで秋から成長してきた。甲子園で悔いの無い、自分たちのプレーができれば」と話した。(板倉吉延)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ