スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

市和歌山、県岐阜商と大会第4日に対戦 選抜高校野球

2021年2月24日10時00分

 【和歌山】3月19日に開幕する第93回選抜高校野球大会の組み合わせ抽選会が23日、オンラインで開かれた。市和歌山は、大会第4日の第1試合(22日午前9時開始予定)で県岐阜商と対戦することが決まった。

 主将の松川虎生(こう)君(2年)は高校の教室から映像をつないで抽選会に臨んだ。引いたくじは4日目。抽選会後の報道陣の取材で、「ベストを言えば3日目までに入りたかった」と振り返ったが、「最大限の準備ができる」と気持ちを切り替えた。

 松川君は県岐阜商の印象を聞かれ、「左腕も右腕もすごく良いし、強いチームだと思う」と話した。特に、自身と同じく4番で捕手の高木翔斗君(2年)は「意識する部分がある」という。初戦に向けて、「ぶれることなく、市高らしい、序盤から点を取れる野球がしたい」と意気込んだ。

 エースの小園健太君(2年)は「県岐阜商は打者が全員振ってくるチームという印象。弱みを見せず、立ち上がりから強気で行きたい」と話した。冬場に下半身を強化し、直球の球持ちが良くなりキレが増したと感じている。「まだまだ磨ける。体のコンディションを万全にして、試合に臨みたい」

 春夏5度目の甲子園に挑む半田真一監督は「(県岐阜商は)投手も打線の軸もしっかりしている総合力のあるチーム」と分析。「当初から日本一を目標にやっている。そのための初戦だと思うので、良い形で臨めるようにしっかり準備したい」と話した。(滝沢貴大)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ