スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

選抜 中京大中京は専大松戸(千葉)と初戦対戦 愛知

2021年2月24日11時00分

 第93回選抜高校野球大会(3月19日開幕、阪神甲子園球場)の組み合わせ抽選が23日行われ、中京大中京(名古屋市)は1回戦最後の試合となる大会第6日の第1試合で、初出場の専大松戸(千葉)と対戦することが決まった。大会が順調に進めば、3月24日に初戦を迎える。春夏連覇した1966年以来の選抜優勝、2009年夏以来の甲子園制覇を目指すチームは意気込みを新たにした。

 コロナ禍のため、組み合わせ抽選はリモート会議の形式で実施され、中京大中京からは原尚輝主将が参加。出場32校中、7番目に番号札を選んだ。

 原尚輝主将は「専大松戸は戦国千葉を勝ち抜いた総合力の高いチームだが、自分たちも昨秋よりレベルアップしており、大会が楽しみ。甲子園でプレーできることに感謝したい。目標は日本一。(歴代最多の春夏通算133勝という)甲子園での勝利数をさらに伸ばしたい」と語った。

 昨秋の県大会、東海大会でともに2連覇を果たし、強さを印象づけた。エース右腕の畔柳亨丞(くろやなぎきょうすけ)投手は「注目され、プレッシャーはあるが、それを力に変えて練習してきた」。昨秋よりも一回り体が大きくなったようで、太ももはユニホームがはち切れんばかり。充実したトレーニングを送ってきたことを物語った。「(1学年先輩で、中日ドラゴンズに入団した)高橋(宏斗)先輩が昨夏、あれだけの投球をした。自分もという思いがある」と話した。

 55年ぶりの選抜優勝に向け、大会日程もカギになる。投手の体を守るため、1週間500球以内と球数が制限されているが、雨天中止などがない場合、中京大中京は決勝まで勝ち進むと8日間で5試合を戦う。

 しかし、高橋源一郎監督は「畔柳以外の投手が成長している。捕手の加藤、三塁手の原を中心に守りもレベルアップしている。みんなで守り勝つ野球をしたい」。原主将は「1回戦最後の試合ということで、準備する時間がたくさんある。調整しやすい」と前向きにとらえていた。(渋谷正章)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ