スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

敦賀気比、初戦は常総学院 選抜高校野球抽選会

2021年2月24日09時00分

 【福井】第93回選抜高校野球大会の組み合わせ抽選会が23日、オンラインで開かれ、5年ぶり8回目の出場となる敦賀気比は、大会第5日の第3試合で常総学院(茨城)と対戦することが決まった。

 新型コロナウイルスの感染状況を踏まえ、今年の抽選会は出場32校の主将が自校から端末を通じて参加し、くじを引いた。

 大島正樹主将は福井県敦賀市の同校会議室で、パソコンを前に抽選会に参加した。トーナメントのどのカードに入るかは、カタカナの文字を選ぶ仕組みで行われ、大島主将は「残っていたら選ぼうと決めていた」と敦賀気比の「ツ」を選択。対戦相手が強豪の常総学院とわかると、すぐに「難しい試合になるな」と予感したという。

 抽選会後は同校のグラウンドで、大島主将と東哲平監督が報道陣の取材に応じた。常総学院の印象を問われると、東監督は「全国制覇の経験もあって強い。そんな伝統校と甲子園で戦えるのはよかった。これからしっかり研究していきたい」、大島主将は「激戦の関東大会で上位になり、投打ともにすごくレベルが高い」と語った。

 第5日の第3試合と遅めの試合日程となるが、東監督は「(試合まで)ちょっと長いけど、その分練習ができる」と前向きに捉えていた。

 チームは試合までの期間、打撃練習を重点的に行っているという。「打撃マシンを140~150キロに設定し、しっかり振れるようになってきた」と大島主将。大会に向けて「日本一を目指してやっている。目先の試合を一戦一戦、全力で戦いたい」と意気込んだ。

 東監督は「相手がどこであろうと思い切って戦って欲しい。3年生は甲子園がなかったので、3年生の分まで精いっぱいの戦いを期待している」と話した。(大西明梨)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ