スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

福岡大大濠、昨秋決勝で敗れた大崎と再戦 選抜野球大会

2021年2月24日09時30分

 【福岡】3月19日に開幕する第93回選抜高校野球大会の組み合わせ抽選会が23日あり、福岡大大濠は、初戦で大崎(長崎)との対戦が決まった。大会第3日(21日)の第2試合に登場する。

 今大会は新型コロナウイルスの影響で、抽選会場には集まらず、各校の主将がオンライン上でそれぞれくじを引いた。福岡大大濠の選手たちは別室のモニターでその様子を見守った。

 川本康平主将(2年)は「サシスセソのソでお願いします」と番号札の入った袋に書かれたカタカナを告げた。大崎との対戦が決まると、川本主将の口元が一瞬緩み、笑みがこぼれた。「まさか初戦から当たるとは思わなかった」

 昨秋の九州大会決勝と同じカード。その試合で福岡大大濠は初回に本塁打で先制したが、その後は技巧派左腕の緩急を生かした投球に苦しんだ。計4安打に抑えられ、5―1で敗戦。目標の九州王者にあと一歩届かなかった。

 エース左腕の毛利海大(かいと)君(2年)は、決勝で登板機会がないまま敗れた。その悔しさを晴らしたいという気持ちは誰よりも強い。「攻めの投球でチームを勝たせる投球をしたい」と雪辱に燃える。

 チームは九州大会の悔しさを糧に打撃の強化に取り組んできた。八木啓伸監督は「冬を越えてスイングスピードが早くなり、打球が良くなってきた」と手応えを口にする。川本主将は「甲子園という最高の舞台でリベンジしたい」と表情を引き締めた。(川辺真改)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ