スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

東海大相模は東海大甲府と 選抜高校野球3月19日開幕

2021年2月24日11時00分

 【神奈川】来月19日に開幕する第93回選抜高校野球大会(日本高野連、毎日新聞社主催、朝日新聞社後援)の組み合わせ抽選会が23日、オンラインで行われた。東海大相模(相模原市南区)は1回戦で、昨秋の関東大会で敗れた東海大甲府(山梨)と大会2日目の第3試合(午後2時20分開始予定)で対戦することが決まった。

 東海大相模の大塚瑠晏(るあん)主将(2年)がくじを引く順番は一番最後になった。残りくじが導いたのは「タテジマ」同士の再戦だった。

 新型コロナの感染拡大防止のため、抽選会には各校の主将が各自の学校からオンラインで参加。大阪市内の会場では、ボードにカタカナでア~ミと書かれた32個の袋が用意された。

 各校の主将が袋の文字を会場に伝え、くじが引かれていく。大塚主将は約30分間、続々とトーナメント表が埋まっていくのを待っていた。他の31校がくじを引き終わり、空いていたのは東海大甲府の対戦校だけだった。大塚主将は引き締まった表情を変えず、くじを引いた。

 昨秋の関東大会準々決勝。同じ系列校の対戦で注目を集めた東海大甲府戦は、両エース左腕の投げ合いになった。両校ともに5安打。1―0と完封目前で迎えた九回裏、右翼手の前で大きく弾んだ一打で、走者2人が生還。サヨナラ負けを喫した。

 冬はその悔しさをばねに練習に励んできた。打線はエースの石田隼都投手(2年)に頼らない攻撃力をつけようと、ケージに設置した測定器でスイングスピードを意識。鋭い振りを磨いてきた。門馬敬治監督は「自分たちに足りないものを気づかせてくれた相手」と話す。抽選会の後、各校の主将が参加するインタビューで、大塚主将は「バッティングも仕上がってきている。絶対にリベンジしたい」と闘志を燃やしていた。(黒田陸離)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ