スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

出場2校の対戦相手決まる 仙台育英は選手宣誓も

2021年2月24日10時30分

 【宮城】3月19日に開幕する第93回選抜高校野球大会の組み合わせ抽選会が23日あった。仙台育英は初日の19日第2試合で強豪の明徳義塾(高知)との対戦が決まり、選手宣誓も引き当てた。柴田はともに甲子園初出場の京都国際(京都)と23日第2試合で対戦する。

 オンライン抽選会は、大阪市の会場と各校をつないで行われた。会場のホワイトボードに貼ったカタカナから、各主将が一つ選ぶという形式だ。

 まずは代表校が2校ある宮城、奈良、兵庫が先にくじを引いた。初戦であたらないようにするためだ。

 仙台育英の島貫丞主将(2年)が引き当てたのが、大会初日の19日第2試合。相手は、夏の優勝経験がある明徳義塾(高知)だ。須江航監督は「百戦錬磨の馬淵(史郎)監督がいるチーム。エース左腕はスタミナがある」と評する。

 さらに、その後の選手宣誓の抽選では、初日に試合がある6校の中から、仙台育英の島貫主将に決まった。

 須江監督は両手でガッツポーズをして喜んだ。「コロナや震災、色んな思いが重なる大会の大役だ。良い宣誓ができるはずなので楽しみだ」と話した。

 一方、別室でチームメートが見守るなか、柴田の遠藤瑠祐玖(るうく)主将(2年)は、緊張した面持ちでくじを引き、大会5日目の23日第2試合に決まった。

 相手は京都国際(京都)で、甲子園初出場同士の対戦となる。平塚誠監督は「どうなるかなと心配して見ていた。同じ初出場同士、はつらつと元気よくプレーできるよう準備したい。冬の練習でついた体力やスイング力を実戦につなげていきたい」と話した。(近藤咲子、大宮慎次朗)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ