スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

高校野球キャッチフレーズ優秀賞 榴ケ岡高の山田さん

2021年2月24日10時30分

 【宮城】今夏の第103回全国高校野球選手権大会のキャッチフレーズコンクール(朝日新聞社、朝日放送テレビ、朝日放送ラジオ主催、日本高校野球連盟後援)で、東北学院榴ケ岡高校(仙台市泉区)の山田萌琴(もこと)さん(1年)の「止まった夏の時計、今動き出す」が優秀賞に選ばれた。

 同校で22日に賞状と盾を受け取った山田さんは「ただただびっくりした。うれしい」と話し、「いいプレーで明るいニュースを届けてほしい」と球児にエールを送った。

 国語の授業でキャッチフレーズ作りに取り組んだ。まず浮かんだのは、昨年の球児たちの涙だ。大会中止が決まり、落ち込む様子がニュースで流れた。自身が所属する女子バスケ部でも、涙する先輩をやりきれない思いで見ていた。

 「今動き出す」という言葉には、止まった歴史を自分たちが動かしていくんだという決意を込めた。

 コンクールに寄せられた応募作品は1万512点。グランプリ1点、優秀賞3点が選ばれた。県内からは、仙台市立仙台青陵中等教育学校5年の小田川泉さんの作品も優秀賞に決まった。(近藤咲子)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ