スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

宮崎商、天理と2日目第1試合で対戦

2021年2月24日09時00分

 【宮崎】参加32校をオンラインで結び、23日にあった第93回選抜高校野球大会(日本高野連、毎日新聞社主催、朝日新聞社後援)の組み合わせ抽選会で、52年ぶり3回目の選抜出場の宮崎商は大会2日目(3月20日)の第1試合で、近畿地区の強豪・天理(奈良)と対戦することになった。

 参加各校とはリモート会議システムで接続。宮崎商ではパソコンがずらりと並ぶ情報実務実習室で中村碧人(あおと)主将が1、2年生の部員30人余りとともに画面に向き合った。1県から2校が出場する宮城、奈良、兵庫の代表校が決勝まで対戦しないようにするゾーン分け抽選の後、残る26校がフリーの本抽選に臨んだ。

 本抽選で3番目だった中村主将は、橋口光朗監督の名字から「ハ」の封筒を選択したところ、中からは7番の番号札。宮崎商の校名が、先に8番にあった天理の左横に下げられると、実習室内の部員たちからどよめきの声が上がった。(菊地洋行)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ