スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

石橋、選抜逃す「夏は甲子園に立つ」

2021年1月30日09時00分

 【栃木】今春の第93回選抜高校野球大会の出場校を決める選考委員会が29日にあった。「21世紀枠」の東京・関東地区候補だった石橋に決定の朗報は届かなかった。2016年に次いで2度目の候補選出だったが、今回も甲子園出場はならなかった。

 石橋は昨秋の県大会準決勝で、強豪の作新学院を破って準優勝を果たした。4年ぶり2回目となる秋季関東大会に出場したが、初戦で東海大相模(神奈川)に敗れた。

 「施設や練習時間など限られた環境の中、学業と部活動を両立させ大会で好成績を収めている」などを理由に、21世紀枠候補に選ばれていた。

 午後4時ごろ、選手たちは会議室に集まった。瀬端徹校長は出場校から漏れたことを伝え、「大変残念だが、気持ちを切り替えて次の目標に向けて頑張っていこう」と選手たちに話した。

 福田博之監督は「悔しいな。コロナで苦しいが、もう一回頑張って盛り上がろう。君たちには夏のチャンスが残っている」と語りかけた。小林到主将(2年)は記者団に「失策しないチームにしたい。速球に対して犠打で攻めて点を取る野球をめざす」。エースの篠崎晃成投手(2年)は「これまでの努力が無駄になるわけではない。悔しさを糧に夏は甲子園に立ちたい」と語った。(中野渉)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ