スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

敦賀気比 文句なし春切符 5年ぶり選抜へ

2021年1月30日11時00分

 【福井】第93回選抜高校野球大会の出場校が29日に発表され、敦賀気比が5年ぶり8回目の出場を決めた。吉報を受けた球児たちは歓喜するとともに、大舞台での活躍を誓った。

     ◇

 午後4時前、同校の会議室で待機していた古谷清和校長の電話が鳴った。古谷校長はすぐさま受話器を取ると、出場決定の知らせに「ありがたくお受けいたします」と首を何度も縦に振った。

 古谷校長はその後、室内練習場で待ちわびていた野球部員たちに出場決定を報告。「今夏の(県高校野球連盟主催の)独自大会で優勝したものの、甲子園に行けなかった3年生の分まで、大会で思いをぶつけてほしい」とエールを送った。部員たちは感染対策で大声を出さないよう気を付けつつ、マスクでもわかるような笑顔を見せた。

 大島正樹主将は古谷校長の前へ歩み出ると、「精いっぱい自分たちの力を出して日本一になりたいと思います」と意気込みを語った。

 同校野球部は、1986年の学校設立とともに創部。新2年生と新3年生で計約50人の部員がおり、1年夏に甲子園に出場した大島主将ら経験豊富な選手が多い。

 昨秋の県大会決勝では、古豪・福井商を12―5で下して優勝。続く北信越地区大会では、準々決勝と準決勝で延長戦にもつれ込んだが、粘り強さを見せて競り勝った。決勝では、長野県代表の上田西を16―5で破り、圧倒。文句なしの春切符となった。

 東哲平監督は「ホッとしている。昨年からコロナ禍で練習試合があまりできない中、選手たちはよくやってくれた」と激励。大島主将は「甲子園は他の球場と雰囲気が違い、特別な場所。自分たちの力が出せるように全力で頑張りたい」と闘志を燃やしていた。(大西明梨、佐藤常敬)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ