スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

東海大菅生が選抜へ 6年ぶり4回目の出場

2021年1月30日11時00分

 阪神甲子園球場で3月19日に開幕する第93回選抜高校野球大会(日本高校野球連盟、毎日新聞社主催、朝日新聞社後援)の出場32校が29日決まった。東京都勢では、昨秋の都大会で優勝した東海大菅生(あきる野市)が2015年以来、6年ぶり4回目の出場を決めた。組み合わせ抽選会は2月23日に行われる。

 午後3時47分、選考委員会から出場決定の電話が入った。連絡を受けた峰岸英仁校長は「期待に沿えるように頑張りたいと思います」と対応した。

 東海大菅生は走攻守にバランスが取れたチーム。昨夏の甲子園は中止になったが、独自大会の西東京大会で優勝した。栄塁唯・主将は「この日をずっと待っていた。素直にうれしい。(甲子園に行けなかった)3年生の分も背負って選抜で活躍したい」。

 一方、18年以来の出場を目指した昨秋の都大会準優勝の日大三(町田市)は、関東・東京の最後の1枠を神奈川大会優勝の東海大相模と争った。しかし、大会終盤の得点力不足が指摘され、総合力で劣るとして出場はならなかった。小倉全由監督は選手を前に「これが結果だ。夏にむけて力をつけていこう」と話した。(野田枝里子、前川浩之)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ