スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

名将に別れ惜しむ 木内幸男さん通夜

2020年12月3日11時00分

 取手二や常総学院を率い、春・夏の甲子園で3回の全国制覇を果たした木内幸男さん(享年89)の通夜が2日、茨城県取手市市之代の「やすらぎ苑」で行われ、教え子ら多くの関係者が訪れた。

 木内さんの教え子で、現在日本ハムでコーチを務める金子誠さん(45)は「それぞれの代の特徴を、混同することなく覚えてくれていた。昨年12月に最後に見た姿を忘れないようにしたい」と話した。

 帝京高校で監督を務める前田三夫さん(71)は「言葉に長けた監督だった。木内さんと話すのは本当に面白かった」と別れを惜しんだ。印象に残っている言葉について問われると、「1987年夏の大会で、PL学園との決勝を前に『準優勝を目指します』と言われた。選手を気楽にさせようとしたのでは」と語った。

 同大会でエースとして準優勝に貢献し、プロ野球でも活躍した常総学院の島田直也監督(50)は「『少しでも木内さんに近づけるよう、頑張ります』と伝えた。選抜も見てほしかったが、天国で見守ってくれると思う」と話した。(伊藤良渓)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ