スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

東海大菅生と日大三が決勝進出 秋季都高校野球

2020年11月15日09時00分

 秋季都高校野球大会(都高校野球連盟主催)の本大会は14日、神宮球場で準決勝があり、東海大菅生と日大三が決勝進出を決めた。東海大菅生は同点の八回に集中打で3点を奪って勝ち越すと、九回にも加点し、粘る関東第一を振り切った。日大三も1―1の八回、4安打で2点を奪い、二松学舎大付との接戦を制した。いずれも1点を争う好ゲームだった。決勝は15日正午から同球場で行われる。

     ◇

 狙い通りだった。同点で迎えた八回表の東海大菅生の攻撃。2死一、二塁で小池祐吏(1年)が左前適時打を放ち、1点を勝ち越した。この一打で流れを呼び込み、勝利を引き寄せた。

 三回以降は相手投手を打ちあぐねていた。変化球主体の投球に、狙い球を絞れない。三~七回は三者凡退。そこで考えた作戦は、塁に出てプレッシャーをかけること。八回、四球と安打で2死一、二塁。この好機で打席に立った小池は「走者が出ると(相手は)直球が増えることはわかっていた」。初球。待っていた直球をとらえた。

 180センチ、77キロ。今大会からベンチ入りした三塁手。父はプロ野球の横浜、中日で活躍し、現在、横浜DeNA2軍外野守備走塁コーチを務める小池正晃さんだ。前夜は電話で「頑張れよ」と激励された。引退試合で2本塁打を放った父譲りの勝負強さを受け継ぎ、「父と同じフルスイング。腹をくくって初球からいきました」。

 決勝の相手は日大三。優勝すれば、来春の選抜大会出場をほぼ手中にする。「ここまできたら甲子園に行くしかない。最後は勝って、みんなで笑って甲子園に行きたい」と宣言した。(野田枝里子)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ