スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

東京ドームで準決勝と決勝 来夏の高校野球東・西大会

2020年11月13日15時46分

 東京都高校野球連盟と朝日新聞社は13日、来年夏の第103回全国高校野球選手権東・西東京大会の準決勝と決勝を、東京ドーム(文京区)で開催すると発表した。高校野球の公式試合が東京ドームで開催されるのは初めて。

 実施するのは東西の準決勝と決勝の計6試合で、来年7月31日~8月2日の3日間。7月31日と8月1日に準決勝を2試合ずつ、2日に東西の決勝を行う。東西の試合順や開幕日、使用球場などは来年度に決める。都高野連の武井克時・専務理事は「2021年夏の東・西東京大会の舞台の一つとして、東京ドームを使用できることになりました。今年は、予期せぬ形での大会開催になりましたが、引き続き、東京ドームでの開催に向けて、ご尽力いただいた関係者の皆様に心から御礼を申し上げます。球児たちには、心も新たに、夏の甲子園に向け、最後まであきらめないプレーをしてくれることを願っています」とのコメントを出した。

 東京大会は神宮球場がメイン会場だが、同球場は東京五輪で使用される。今夏の第102回大会も準決勝と決勝を東京ドームで行う予定だったが、新型コロナウイルスの影響で五輪が来年に延期になり、選手権も中止になっていた。(野田枝里子)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ