スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

日大三、二松学舎大付が準決勝進出 秋季都高校野球

2020年11月8日09時00分

 秋季都高校野球大会(都高校野球連盟主催)の本大会は7日、ダイワハウススタジアム八王子で準々決勝2試合があり、日大三と二松学舎大付が準決勝進出を決めた。日大三は四回に打者一巡の攻撃で5点を奪って逆転。五回にも加点して突き放した。好カードとなった第2試合は、二松学舎大付の打線が終盤に奮起し、粘る早稲田実を振り切った。残る準々決勝2試合は8日に同球場である。

     ◇

 2点を追う四回表の日大三の攻撃。1死満塁の好機で、7番の鎌田慎也(2年)に打順が回ってきた。いつものように仲間に背中をたたいてもらい、打席に入った。「慌てず、自分のスイングをしよう」。追い込まれてから粘り、6球目の直球を右中間に運んだ。走者一掃の適時三塁打で、試合をひっくり返した。小倉全由監督が「ここぞ、で打ってくれる打者」と信頼を寄せる。

 この日は遊撃手の守備でも光った。八回無死二塁で、深い位置で捕球したゴロを素早くアウトにした。流れが変わりかねなかっただけに、「セーフになっていたら……。あれは大きかった」と監督も褒めた。

 意識するのは同じ遊撃手の源田壮亮選手(埼玉西武ライオンズ)だ。授業の休み時間などに暇さえあれば動画を見て研究する。攻守に活躍して4強入り。準決勝は二松学舎大付と対戦。「一つひとつ勝っていくだけ」と気を引き締めた。(野田枝里子)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ