スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

福岡大大濠が決勝へ 1年生が投打に活躍 九州高校野球

2020年11月6日09時00分

 長崎県で開かれている第147回九州地区高校野球大会は5日、準決勝2試合があり、福岡大大濠(福岡1位)は2―0で宮崎商(宮崎1位)を下し、決勝に駒を進めた。九州王者をかけて6日、大崎(長崎1位)とぶつかる。

     ◇

 1年生の躍動がチームに勢いを与えた。

 三回1死一塁、友納周哉君(1年)は高めに抜けたボール球を振り抜いた。打球は三塁線を破り、二塁打。相手守備がもたつく間に先制点が入り、3番山下恭吾君(同)の適時打で2点目のホームを踏んだ。七回にも右越えの二塁打を放つなど、4打数3安打の活躍を見せた。

 投げては馬場拓海君(同)が、体を大きくひねる独特なフォームで相手打線を手玉に取り、許した安打は八回の内野安打のみ。完封で勝利に貢献した。

 この日初めて1番に入った友納君は「同級生の馬場が頑張っていたので刺激を受けた」という。

 この日の先発メンバーは1年生が5人。八木啓伸監督は「1年生が思い切ってプレーできる雰囲気を作っている」と2年生の陰の活躍をたたえる。

 新チームは九州大会優勝を目標に据えて戦ってきた。友納君は「自分がチームに勢いを付けて絶対優勝したい」。(川辺真改)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ