スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

21世紀枠相馬東を推薦、関川さんに育成功労賞、高野連

2020年11月6日09時00分

 県高野連は5日、福島市で理事会を開き、来春の第93回選抜高校野球大会(日本高校野球連盟、毎日新聞社主催、朝日新聞社後援)の「21世紀枠」出場校として相馬東高校を推薦した。各都道府県の推薦校が審査され、12月に候補9校が、来年1月に出場3校がそれぞれ発表される。

 相馬東は創部17年。東日本大震災、昨年の台風水害などを乗り越えて練習に励み、今秋の県大会でベスト4に入るなど活躍した点が評価された。

 このほか、理事会では、日本学生野球協会が表彰する優秀選手として、福島2020夏季高校野球大会と東北大会で優勝した聖光学院の主将だった内山連希(れんき)さん(18)の推薦を決定。また、来年度の日程案が示され、大会は観客を入れて行うことを前提として、夏の全国高校野球選手権福島大会は7月7日開幕、同25日決勝で日程調整することなども決めた。

 各種表彰も行われ、福島東や梁川などで監督を務めた関川博巳さん(66)に、日本高野連と朝日新聞社から育成功労賞が贈られた。本来は夏の甲子園で表彰される予定だったが、コロナ禍の影響でこの日伝達された。関川さんは「今は中学生を指導している。甲子園、プロを目指す彼らを応援したい」と語った。

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ