スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

下関国際が準V 秋季中国高校野球 広島新庄に惜敗

2020年11月2日09時00分

 第135回秋季中国地区高校野球大会(中国地区高校野球連盟主催、朝日新聞社など後援)は1日、島根県出雲市の県立浜山公園野球場で決勝があり、広島新庄が下関国際との接戦を制して秋季初優勝した。

     ◇

 決勝の大一番。先発9人中6人が左打者の広島新庄打線に対し、先発投手を任されたのは中国大会の初戦から3試合で先発した左腕、古賀康誠君(1年)ではなく、右腕の松尾勇汰君(1年)だった。

 公式戦での先発は県予選以来の二度目。キレのあるスライダーで、打たせて取る投球が光った。

 野球を始めたのは小学1年生の時。母の勧めがきっかけだった。投手は小学3年生から。だが緊張しがちな性格から、試合になると思い通りの投球ができなかった。

 下関国際に入って、変わった。グラウンド上では常に視野を広くもち、球への意識を切らさない。練習でのチームの意識の高さが中学までとは全く違った。気がついたら試合で緊張しなくなっていた。

 「このバッターを抑えようという気持ちだけで立てた」。七回裏1死三塁、一打勝ち越しのピンチでも、緊張はしなかった。四回には一塁手山川、中堅手赤瀬の好プレーに救われただけに、「仲間のためにも自分がカバーしたかった」。だが、甘く入ったスライダーを左前に運ばれ、決勝打になった。

 試合後、松尾君に涙はなかった。「決勝で負けたことをバネに、体力づくりからやり直したい。冬場が勝負です」(寺島笑花)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ