スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

秋季四国高校野球 聖カタリナ一歩及ばず準V 明徳連覇

2020年11月2日09時00分

 第73回秋季四国地区高校野球大会(四国地区高校野球連盟主催)は最終日の1日、高知市の県立春野球場で決勝があり、明徳義塾(高知1位)が聖カタリナ(愛媛1位)を5―1で破り、2年連続11回目の優勝を果たした。大会成績は来春の選抜大会の出場校を決める有力材料となる。優勝校は例年、明治神宮野球大会に四国地区代表として出場するが、今年は新型コロナウイルスの影響で大会が中止となった。

     ◇

 1点を追う四回裏。2死二塁の好機で、聖カタリナの5番・堀越璃雄(りお)君(2年)の打順が回ってきた。「ここで打たなきゃ、ベンチが沈む」

 明徳義塾のエースは、左腕・代木(しろき)大和君(2年)。初打席は投ゴロに打ち取られていた。「すごい制球力」。内角の球を狙って打席に立ち、集中した。

 初球は内角への変化球。思い切って振り、左中間への二塁打に。二塁走者の高岡唯(ゆうゆ)君(2年)が本塁にかえり、同点。堀越君は二塁でガッツポーズをした。

 「今まで、打てずに迷惑をかけていた」。愛媛県大会準決勝の小松戦では無安打。再戦となった四国大会準決勝でも凡退続き。4番・川口翔大君(2年)が申告敬遠を3度受け、好機に勝負を挑まれた。内心思った。「僕は打力がない。挑まれるのも、当たり前か」

 けれど、中軸を任された意地がある。「ベンチを盛り上げる一打を放つのが、僕の役割だ」。十二回、3度目の申告敬遠の直後にサヨナラの適時打を放ち、決勝進出を決めた。「あの一打が自信になった」

 それが、決勝での同点打につながった。チームは敗れたが、「チャンスで打てるようになった」と成長を感じる四国大会になった。「これから、相手投手を一球で仕留められる打者になる」と、春を見据える。(照井琢見)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ