スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

東海大甲府、逆転サヨナラ勝ちで4強 山梨

2020年10月28日09時00分

 第73回秋季関東地区高校野球大会(関東地区高野連主催)は27日、千葉県で準々決勝4試合があり、東海大甲府(山梨1位)は東海大相模(神奈川1位)に2―1で逆転サヨナラ勝ちし、4強入りを果たした。31日の準決勝で常総学院(茨城2位)と対戦する。

     ◇

 ◎…東海大甲府は1点を追う九回、四球や木下凌の安打で1死一、二塁とすると、久井の右前への打球が大きくはね、右翼手の後ろに転がる間に2人がかえりサヨナラ勝ちした。先発若山は六回に犠飛で1点を失うが、打たせて取る投球で連打を許さなかった。

 外角の直球。1点を追う九回1死一、二塁、久井竣也選手(2年)は球種も、コースも絞っていた。

 「外角に来た球を狙い、しっかりと踏み込んで強く振るように」

 打席に入る前、村中秀人監督から声をかけられた。前の3打席は、二ゴロと2三振に抑えられていた。監督のひと言で迷いは吹っ切れた。

 2球目。待っていた球を迷わずに振り抜く。打球は右前に落ち、大きくはねて右翼手の後ろに転がる。記録は三塁打。2人が生還し、歓喜の輪に加わった。

 「東海大」同士の対戦、相手は村中監督の母校だ。「前評判では東海大相模が優勝候補と言われていた。みんなで倒すことを強く意識した」と明かす。

 先発の若山恵斗投手(2年)の投球にも勇気づけられた。六回に犠飛で均衡が破れるが、丁寧な投球は変わらない。九回は三塁に走者を背負いながらも後続を断つ。エースの力投に「絶対につなぐ」。チームが掲げる「つなぐ」打撃を改めて思い起こした。

 来春の選抜大会出場校を決める選考材料の大会での4強。「うちらしい野球で優勝したい」とさらに上を見すえた。(田中正一)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ