スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

国栃4強に届かず 健大高崎に1-8 秋季関東高校野球

2020年10月28日09時00分

 第73回秋季関東地区高校野球大会(関東地区高野連主催)は27日、千葉県柏市の柏の葉球場などで準々決勝があった。県大会優勝の国学院栃木は1―8で健大高崎(群馬1位)に8回コールド負けした。来春の選抜大会出場が有力となる4強入りを果たせなかった。

     ◇

 ◎…国学院栃木は健大高崎に力で押し切られた。四回に先制を許し、3点を追う五回2死二塁、平井が中前適時打を放って1点を返した。6安打を放ったが好機を生かし切れず、得点はこの1点にとどまった。中盤からは相手打線に小刻みに加点された。

 昨年の秋季関東大会を制した健大高崎が立ちはだかった。国学院栃木の浅田光太朗主将(2年)は「悔しい」と目を潤ませた。

 初戦の東京学館(千葉)戦は出場機会がなかったが、この日は3番で先発出場。「もらった機会に役割を果たしたい」と試合に臨んだ。

 三回2死一、三塁、先制の好機に打席に立った。「ここで打てば流れをつかめる」と意気込んだが、結果は空振り三振。2打数2三振、2死球に終わった。「つなぐという気持ちで必死だった」

 ベンチから「最後まで諦めるな」と大声を出して仲間を鼓舞し続けた。打ち合いになれば勝負できるとみていたが、相手投手陣を最後まで打ち崩せなかった。守備も崩れ、コールド負けを喫した。「相手が上手だった」

 部員78人の大所帯を引っ張る。柄目直人監督が「しっかりしていて精神年齢25歳」。周囲の信頼は厚い。

 「選手一人一人が人間的にも技術的にもレベルアップしないといけない」。来春に向け浅田主将は口元を引き締めた。(中野渉)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ