スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

健大高崎4強、来春の選抜へ前進 秋季関東高校野球

2020年10月28日09時00分

 第73回秋季関東地区高校野球大会(関東地区高校野球連盟主催)の準々決勝が27日、千葉県であった。健大高崎(群馬1位)は柏市の柏の葉球場で対戦した国学院栃木(栃木1位)を8―1で破って4強入りを決め、来春の選抜大会出場に大きく前進した。31日の準決勝では、専大松戸(千葉3位)と、千葉市の千葉県野球場で対戦する。

     ◇

 ◎…健大高崎が終始主導権を握りコールド勝ち。四回、森川の二塁打を足がかりに先制。中盤に得点を重ね、さらに八回は無死満塁の好機に桜井が走者一掃の三塁打を放つなどして4点を加えた。野中、中野、高松の継投で国学院栃木を散発6安打に抑えた。

 県予選6試合での打率は6割1分9厘。関東大会初戦からの2試合の打率も5割7分1厘。健大高崎の3番桜井歩夢(2年)が、チームの勝利を大きく引き寄せた。

 八回表無死満塁の好機。気負いはなかった。「後ろにも良いバッターがいる。つなげれば大丈夫」。肩の力を抜いて打席に立った。

 5球目。高めの直球をたたいた。走りながら、打球が外野手の頭を越えるのが見えた。走者一掃の三塁打。滑り込んだ塁上で「よっしゃー!!!」と叫び、笑顔で拳を突き上げた。

 桜井の高打率と長打力の陰には、控え選手たちの支えがある。練習では近距離から速球を投げてもらい、バットを振り込んだ。体感球速は140~150キロほど。1日に100球以上打つことも多いという。「投げてくれる選手の期待に応えたい」と桜井。

 勝負強さの秘密は「来た球を素直に打つこと」。意識して「決めてやろう」と力むのではなく、仲間を信じてバットを振り、これまで何度もチームの勝利に貢献してきた。県予選1回戦からこの日までの計8試合で計14打点を挙げた。

 関東大会4強入りで、来春の選抜大会出場に近づいた健大高崎。桜井は「うれしいが、まだ終わりじゃない。昨年優勝の先輩方と肩を並べられるよう、決勝まで頑張りたい」。(松田果穂)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ