スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

東海大相模と鎌倉学園4強逃す 高校野球関東大会

2020年10月28日09時00分

 第73回秋季関東地区高校野球大会(関東地区高校野球連盟主催)は27日、千葉市のZOZOマリンスタジアムなどで準々決勝4試合があった。東海大相模(神奈川1位)は東海大甲府(山梨1位)に、鎌倉学園(神奈川2位)は専大松戸(千葉3位)に敗れ、来春の選抜大会出場が有力となる4強入りはならなかった。

     ◇

 ◎…東海大相模がサヨナラで敗れた。石田は八回まで相手打線を散発3安打に抑える好投を見せたが、九回に連打を浴びた。打線は六回、小島の安打などで1死満塁とし、門馬の犠飛で先制。その後は相手投手の緩急をつけた投球に苦しみ、加点できなかった。

 東海大相模の1点リードで迎えた九回裏。完封を目前にした石田隼都投手(2年)は先頭打者に粘られた。8球目も高めに外れて四球を出すと、顔をしかめた。「流れを悪くしてしまった」

 続く打者を左飛に打ち取るも、右前安打で1死一、二塁のピンチを招いた。

 最後の打者に投げた2球目はチェンジアップ。低めにいったが、うまく右前に運ばれた。不運にも打球は大きく弾んで右翼手の頭を越え、フェンス前へ転がった。本塁のカバーに入った石田投手の目の前で、走者2人が生還。サヨナラ勝ちに喜びを爆発させる東海大甲府の選手たちを前に、ぼうぜんと立ち尽くした。

 八回まで無失点の好投。最終回のわずかな緩みから、つかみかけた関東4強の切符がすべり落ちた。九回裏の四球を悔やみ、「最後を締められないと一流のピッチャーにはなれない。冬は一日も無駄にせずスタミナと変化球のコントロールを磨きたい」。決意を胸に球場を後にした。(黒田陸離)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ