スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

県内から2選手指名 プロ野球ドラフト会議

2020年10月27日09時00分

 26日に行われたプロ野球ドラフト会議。福井県内の高校からは、敦賀気比の長谷川信哉選手が西武の育成2位で、笠島尚樹投手が巨人の育成3位で指名された。長谷川選手は笑顔でプロに進む意向を表明。笠島投手は「育成では行かないと考えていた」と言い、慎重に進路を決めるとした。(大西明梨、佐藤常敬)

 選手たちは東哲平監督らとともに、校内のモニター画面で会議を見守っていたという。

 会議終了後、2人は報道陣の取材に答え、長谷川選手は「ほっとして、うれしい気持ち。早く支配下にいけるように頑張りたい」と表情を緩ませた。

 長谷川選手は183センチの長身で、広角に長打を放つ。今夏の県独自大会では4番を担い、2本塁打でチームの優勝に貢献した。遠投105メートルの強肩と、50メートル走5・8秒の俊足も魅力で、走攻守の三拍子がそろっている。

 西武の印象を聞かれると、長谷川選手は「どこからでも点が取れる強打線」と語り、「プロ野球選手は小さい頃からの夢だった。投手を助けられる選手になりたい」と意気込んだ。

 一方、笠島投手は「指名していただいたのはうれしい」としつつ、「育成では行かないと考えていたので、今後は進学をメインに監督や親と話し合って決めたい」と話した。巨人の印象については「伝統があって強いチーム」と述べた。

 笠島投手は178センチ、78キロの右腕。最速145キロの直球と切れのあるスライダーを武器に、1年から2大会連続で夏の甲子園に登板した。

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ