スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

上武大はダブル指名 健大高崎の下は育成枠で ドラフト

2020年10月27日09時00分

 26日のプロ野球ドラフト会議で、群馬県内では上武大の佐藤蓮投手(22)が阪神から、古川裕大捕手(22)が日本ハムから、それぞれ3位で指名された。2人同時の指名は上武大では初めてという。健大高崎高の下(しも)慎之介投手(18)はヤクルトから育成枠1位に指名された。

 古川捕手は右投げ左打ちで、久留米商高(福岡県)から入学した。188センチ、90キロの恵まれた体格で、通算打率は3割5分4厘。群馬県伊勢崎市戸谷塚町の上武大で会見した古川捕手は「勝てる打者、勝てる捕手を目指したい」と喜びを語った。

 佐藤投手は右投げ右打ち。188センチの長身で飛龍高(静岡県)出身。関甲新学生野球連盟の秋季リーグ戦で15回を投げ、打者49人に被安打5、防御率は1・80という。古川捕手と並んで会見に臨んだ佐藤投手は「どら焼きを食べているときに指名のニュースを聞いた。球速160キロを目指したい」と抱負を述べた。

 谷口英規監督は「古川は長打力が評価されたと思う。佐藤はコロナ禍の中で練習し、今秋になって力が出てきた」と話した。

 3人の投手がプロ志望届を提出した健大高崎高(群馬県高崎市中大類町)では、今夏までエースだった下投手が指名された。会見した下投手は「名前を呼ばれて肩の荷が下りた。直球の球速が足りないので、磨くために何ができるか考えたい」と話した。

 一昨年、巨人から育成枠1位で指名を受けた同校の先輩・山下航汰選手の名前を挙げ「山下さんの後に続けるよう、支配下登録を目指したい」と力を込めた。(寺沢尚晃、中村瞬)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ