スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

星稜・内山捕手はヤクルト3位 プロの世界で活躍誓う

2020年10月27日09時00分

 26日にあったプロ野球のドラフト会議で、石川県内からは星稜の内山壮真捕手と、日本航空石川の嘉手苅浩太投手が、それぞれヤクルトから3位と6位で指名された。

 「率直にうれしい気持ちと、安心した気持ちがありました。目指したいタイトルは首位打者です」。内山捕手は金沢市内の校内で取材に応じ、喜びを語った。

 1年から打線の中軸として活躍。本塁打は高校通算34本を数える。2年夏に甲子園で準優勝した後、遊撃手から捕手になった。

 新型コロナウイルスの影響で「プロか別の進路か、すごく悩んだ」が、「日本を代表する選手になりたい」との思いに背を押されてプロを志望したという。

 ヤクルトには昨年の甲子園で全国を沸かせた先輩の奥川恭伸投手が入団し、順調な成長ぶりを見せている。内山捕手は「プロの世界で、また一緒に野球ができるのは楽しみです」と語った。

 嘉手苅投手は輪島市内の校内で会見した。「選ばれるかなという不安の方が大きかったが、指名はすごくうれしく思っています」と喜んだ。

 兵庫県出身。191センチ、104キロの体格から繰り出す最速148キロの直球に加え、カットボールなど多彩な変化球も持ち味だ。「体作りからやって最多勝を取れるような投手になりたい」と抱負を語った。

 今夏の甲子園の交流試合で先発。先立つ夏の独自の県大会決勝では内山捕手と対戦した。嘉手苅投手は「同じチームになれるのは楽しみ」と話した。(三井新、平川仁)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ