スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

県内の選手も「プロへの第一歩」 ドラフト指名 愛知

2020年10月27日09時00分

 26日のプロ野球ドラフト会議は、愛知県内から高橋宏斗投手(中京大中京高)、栗林良吏投手(トヨタ自動車)が1位指名を受けた。新型コロナウイルスの影響で大会が相次いで中止された今年。選手たちは限られた場面で実力を示し、プロのスタートラインに立った。

 巨人に3位で指名された中京大中京高の中山礼都(らいと)選手(18)は「指名されて驚いた。巨人は日本一の球団。戦力になれるよう頑張りたい」と意気込んだ。

 名古屋市出身。身長181センチ、体重80キロ、高校通算17本塁打の大型遊撃手だ。今夏の県大会や甲子園交流試合では3番を任され、昨秋から公式戦無敗の28連勝を飾ったチームの中心選手として活躍してきた。

 「イチロー選手や高橋由伸選手ら、いい選手が多いから」と、父慎也さん(45)に「礼都」と名付けられたが、幼稚園で野球を始めてからずっと遊撃を守る。同じポジションの巨人・坂本勇人選手は幼い頃からの憧れで、タオルなどのグッズも持っているという。「坂本さんに追いつき、追い越せる選手になりたい」

 高校のチームメートとして県大会や甲子園を戦った高橋宏斗投手(18)は、同じセ・リーグの中日に1位指名。「いつか対戦して安打を打ちたい」と話した。(渋谷正章)

     ◇

 「指名され、ほっとしている。若手選手が力をつけているオリックスで、自分も打てる捕手として戦力になりたい」

 学校でドラフトの中継を見つめるなか、オリックスから5位で指名された豊橋中央高3年の中川拓真捕手(18)は萩本将光監督と固く握手を交わし、プロの世界での活躍を誓った。

 強肩強打で高校通算44本の本塁打を誇る。同校出身選手としては2015年にソフトバンクに3位指名された谷川原健太捕手に次いで2人目の快挙だ。

 「プロを目指せる選手ではなかった」と自身を評価する。導いてくれた萩本監督や家族に感謝の気持ちを示した中川選手。「楽天則本昂大投手のフォークボールをバックスクリーンに入れたい」と語った。(床並浩一)

     ◇

 巨人から6位指名を受けた中京大の山本一輝(いつき)投手(22)は、「決まって良かった。選択終了のチームもあったので、ホッとしました」と話した。

 東郷高校出身の最速147キロの左腕は、愛知大学リーグで通算14勝4敗。今秋の開幕戦で初完投して勝ったのを皮切りに完封も含めて3完投で6勝1敗、防御率0・63だった。コロナ禍でも「バテないように筋肉を増やした」と地道に体力アップした成果を見せ、今秋のチームのリーグ優勝に貢献した。

 中京大在学中にドラフトされたのは2006年に巨人から指名された深町亮介投手以来。力強い直球が持ち味の山本投手は「中日の大野(雄大)投手と投げ合ってみたい」と語った。(上山浩也)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ