スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

智弁和歌山の細川選手と小林選手、ドラフトで4位指名

2020年10月27日09時00分

 26日のプロ野球ドラフト会議で、智弁和歌山高校(和歌山市冬野)の細川凌平選手(18)=内野手=が北海道日本ハムファイターズから4位で、小林樹斗選手(17)=投手=が広島東洋カープから4位でそれぞれ指名された。会見で2人は指名された時の心境や、プロへの意気込みなどを語った。

 細川選手と小林選手はそれぞれ別室で指名を待った。午後6時半ごろ、続けて指名が決まると、順番に会見場に現れ、中谷仁監督と報道陣の取材に応えた。

 まず先に会見したのは小林選手。緊張した面持ちで「(待ち時間は)長かった。不安もあったが、名前を呼ばれた瞬間、ほっとした」と話した。

 小林選手は身長182センチ、体重86キロ。右投げ右打ち。最速152キロの直球が持ち味の本格派投手で、今夏の和歌山の独自大会では継投でマウンドに立って試合を締めくくり、優勝に貢献した。広島の印象について「ファン、選手一丸の、温かみのある球団」と話し、「チームの勝利に貢献できる投手になりたい。先発なら20勝、中継ぎや抑えでもタイトルが取れるような投手を目指す」と意気込んだ。中谷監督は「まだまだ未完成の投手。プロの指導者に鍛えられ、大投手になってほしい」とエールを送った。

 続いて細川選手が会見した。細川選手も緊張した面持ちで、「素直にうれしいが、安堵(あんど)の方が大きい」と話した。

 細川選手は身長174センチ、体重75キロ、右投げ左打ち。走攻守そろった遊撃手で、3年時は主将を務めた。甲子園には1年夏から出場。2019年夏の2回戦の明徳義塾戦では勝ち越し本塁打を放ち、逆転勝利に貢献した。

 細川選手は日本ハムの印象について「育成力がある」と話し、「活躍したい。体・心・技術を磨いて信頼を得て、連続出場の記録を作れる選手を目指したい」と話した。中谷監督は「コロナ(の影響を受けた)期間で難しい中、チームをまとめて(独自大会の)優勝に導いてくれた。いつ日ハム戦を見に行っても細川が出ているような、息の長い選手になってほしい」と期待した。

 一方、プロ志望届を出していた和歌山東高校の玉置隼翔(はやと)選手(18)は指名されなかった。(滝沢貴大)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ