スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

「プロで活躍する」 神奈川県内にゆかりの選手指名続々

2020年10月27日09時00分

 プロ野球ドラフト(新人選択)会議が26日、東京都内で開かれ、神奈川県内にゆかりのある選手が12球団から次々と指名を受けた。憧れのプロへの切符を手にした選手たちは喜び、夢舞台での活躍を誓った。

 「小さい頃からずっとベイスターズに憧れて野球をしてきた。うれしい思いでいっぱいです」

 横浜DeNAベイスターズから3位で指名を受けた横浜高(横浜市金沢区)の松本隆之介投手は、緊張した面持ちで語った。

 指名された瞬間は、うれしさでしばらく言葉が出なかったという。憧れの選手を聞かれると「ベイスターズの今永(昇太)投手です。同じ左腕として、色んなことを学んでいきたい」。最速150キロ超の左腕の顔が思わずほころんだ。

 プロでは持ち味の直球を武器に勝負していくつもりだ。「球界を代表する投手になりたい」と意気込む。

 ヤクルトから1位指名を受けた慶応大の木沢尚文投手はオンライン会見で「まさか1位で呼ばれるとは思わなかった」。慶応高から慶応大に進んだ木沢投手は最速155キロの右腕。プロへの夢は、昨年に開かれた大学日本代表の選考合宿に参加した際に意識するようになったという。「トップレベルの人たちと練習し、もっと上の世界で野球を続けたいと思った」

 ヤクルトは東京六大学野球で使用している神宮球場がホームグラウンドになる。「1軍のマウンドに早く上がれるよう、頑張りたい」と活躍を誓った。

 今夏の県高校野球大会で頂点に輝いた東海大相模高(相模原市南区)からは、2人が指名を受けた。

 主将を務めた山村崇嘉(たかよし)選手が西武から3位で指名を受けると、学校内のホールで見守っていた関係者らは歓声を上げた。山村選手は安心したような表情を浮かべ、「支えてもらってばかりの家族に感謝を伝えたい」と話した。

 西武については「とにかく毎年強くて素晴らしいチーム」と印象を話し、今後は「打撃がアピールポイント。1年目は体作りを頑張って、新人王を取りたい」と言った。

 高校通算55本塁打の西川僚祐選手はロッテが5位で指名。千葉県出身の西川選手は「小さい頃からスタジアムに足を運んでいた。地元で野球ができることがうれしい」と笑顔を見せた。

 抱負を聞かれると、「ロッテに西川がいるから球場に行こうと言ってもらえる、チームの顔になりたい」と弾んだ声で話した。(黒田陸離、林瞬、岩本修弥)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ