スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

履正社3人と大阪桐蔭1人指名 プロ野球ドラフト会議

2020年10月27日09時00分

 26日に開かれたプロ野球のドラフト会議で、大阪府内の高校球児では、履正社から小深田大地選手(DeNA4位)、田上奏大(そうた)投手(ソフトバンク5位)、内星龍投手(楽天6位)の3人が、大阪桐蔭からは仲三河優太選手(西武7位)が指名された。育成枠では、精華の松木平(まつきひら)優太投手(中日3位)が指名を受けた。

 履正社の3選手は指名後に同校で会見した。小深田内野手は高校通算34本塁打のスラッガー。「これまで野球をする上で関わってくれた全ての人に感謝したい。3割30本を目指して、球界を代表するバッターになりたい」と意気込んだ。

 最速151キロの右腕、田上投手は「母子家庭で育ててくれたお母さんを楽にさせてあげたいと、可能性にかけてプロ志望届を出した。うれしい気持ちでいっぱい」とほっとした表情を見せた。

 身長190センチの大型右腕、内投手は「ここで名前を呼ばれることが小さいころからの夢だった。身長を生かして、誰にも投げられない角度のあるストレートを投げたい」と笑みを浮かべながら話した。

 大阪桐蔭の強打者、仲三河外野手は電話取材に応じ、「しっかり土台を作り、プロのボールに対応していきたい。試合に出るために頑張ります」と気を引き締めていた。

 精華の松木平投手も電話取材に「ほっとした。しっかり身体をつくり、1軍で活躍できるようになりたい」と力強く語った。(浅沼愛)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ