スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

プロ野球ドラフト会議 静岡の高校生2人にも指名

2020年10月27日09時00分

 26日のプロ野球ドラフト会議で、今年の夏季静岡県高校野球大会で注目された2人の高校生が指名を受けた。静岡商業高の高田琢登投手(18)はDeNAから6位で、磐田東高の二俣翔一捕手(18)は広島から育成枠1位で、それぞれ指名された。あこがれのプロ球団からの指名に2人は意気込みを語った。

 高田投手は、静岡市葵区の静岡商で、父親で野球部監督でもある晋松さん(50)とテレビ中継を見守った。会議が始まって約2時間後、自らの名前が呼ばれると、笑みを浮かべ「日本球界を代表するような左ピッチャーになりたい」と抱負を述べた。

 高田投手は身長177センチ、体重77キロ。球速は最速148キロを誇る。左腕からのキレのある速球が武器で、緩急をつけた投球はソフトバンクの和田毅選手をほうふつとさせる。

 高校進学時、複数の甲子園常連校から誘いを受けたが、「親子で甲子園の舞台に立つ」という目標を胸に、晋松さんが監督を務める静岡商の門をたたいた。

 その実力は、早くから注目を集め、高校1年の夏から試合に出場。2年夏からはエースとして活躍した。目標の甲子園出場は果たせなかったが、今夏の大会では気迫に満ちた投球でチームを勝利に導いた。

 「三代かけての夢だった」。息子の指名に晋松さんは涙を拭った。社会人野球の選手だった祖父、登さんと筑波大時代に首都大学リーグの首位打者を獲得した晋松さん。いずれもプロを目指したが、かなわなかった。三代の夢をつかんだ息子を晋松さんは「夢をかなえてくれてありがとう」と誇らしげに見つめた。

 二俣捕手は、家族や学校関係者と、校内でインターネット配信を見ながら指名を待った。育成枠1位で広島から指名されるとほっとした表情を浮かべた。

 高い身体能力が持ち味の強肩捕手。遠投は120メートルで、救援でマウンドに登れば140キロ超の速球を投げる。高校通算21本塁打を放ち、50メートル6秒2の俊足も武器だ。指名に「1日でも早く支配下登録され、1軍で試合に出られるように頑張りたい」と抱負を述べた。

 このほか、県内関係では、ヤマハの池谷蒼大投手=静岡高出身=がDeNAから5位指名を受け、上武大の佐藤蓮投手=飛龍高出身=も阪神から3位指名を受けた。(戸田和敬、和田翔太、須田世紀)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ