スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

二松学舎大付の秋広選手が巨人の5位指名 ドラフト会議

2020年10月27日09時00分

 26日のプロ野球ドラフト会議で、東京都内の高校から、二松学舎大付の秋広優人選手が巨人に5位指名された。2メートルの長身から投げ下ろす140キロ台半ばの直球と、広角に打ち分ける柔らかい打撃の二刀流で注目されていた。同校で記者会見にのぞんだ秋広選手は「プロ野球選手になることが夢だったが、これからは一日も早く1軍で活躍することを目標に頑張りたい」と決意を語った。

 新型コロナウイルス感染拡大の影響で夏の甲子園は中止となったものの、東京の独自大会ではチームの柱として投打に活躍、8強に進出した。背番号は「3」だったが、5試合中4試合に先発。初戦の文京戦は5回1失点、2回戦の東京成徳大戦は4回無失点、3回戦の城北戦は7回無失点と好投した。また4番として5試合で16打数8安打の5割。1本塁打を含む8打点と勝負強い打撃を見せた。

 体は成長過程だ。2メートルの身長に、まだ筋肉量が追いついていない。激しい練習は故障につながりかねず、市原勝人監督は「とにかく故障させないこと」を第一に、歩き方や走り方から指導してきたという。そんな市原監督を秋広選手は慕い、甲子園が中止となった今夏の独自大会で、「監督を東京一にする」と誓っていた。夢が破れた時、「何一つ恩返しできなかった」と涙を浮かべていた。

 指名を受け、秋広選手は「プロで活躍することで、高校時代に何もできなかった恩返しをしたい」。市原監督は「プロでの活躍も大切だが、これから秋広が幸せな人生を送れることを祈っている」と話した。(抜井規泰、野田枝里子)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ