スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

市和歌山が4強 俊足巧打の河渕巧君、先制の原動力に

2020年10月26日09時00分

 秋季近畿地区高校野球大会(近畿地区高校野球連盟主催、朝日新聞社など後援)は25日、京都市右京区のわかさスタジアム京都で準々決勝3試合があった。市和歌山(和歌山1位)と京都国際(京都3位)、大阪桐蔭(大阪1位)がそれぞれ勝ち、4強入りした。

 準決勝は31日にあり、第1試合が智弁学園(奈良2位)―市和歌山、第2試合が京都国際―大阪桐蔭。いずれも無観客で行われる。

     ◇

 市和歌山の俊足巧打の2番打者・河渕巧君(2年)が先制の原動力になった。初回の打席。「(狙い球は)まっすぐ一本」。狙い通り、初球の真ん中低めの直球をはじき返し、右前打で出塁した。

 50メートル6秒0の俊足を飛ばし、すぐさま二盗に成功。「半田(真一)監督から、出塁したら単独で行っていいと言われていた」。その後、安打や四球で満塁とし、死球による押し出しで先制のホームを踏んだ。四回には二塁打を放つなど、3出塁の活躍を見せた。

 市和歌山にとって智弁和歌山は、長年「最大の壁」だった。今夏の独自大会で敗れたのも智弁和歌山だ。「『お前らの代で絶対智弁に勝ってくれ』と先輩から言われた。このチームが始まったときから『僕らの年は、絶対智弁に負けない』と口にしてきた」

 言葉通り智弁和歌山と三度対戦し、負けなし。この日4強入りを決めて、来春の選抜大会出場へ大きく近づいた。河渕君は「自分の役割は塁に出ること。(選抜に出場できたら)甲子園で自分のプレーをしっかりしたい」と力強く語った。(滝沢貴大)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ