スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

国学院栃木が初戦突破 秋季関東高校野球

2020年10月25日09時00分

 第73回秋季関東地区高校野球大会(関東地区高野連主催)は24日、千葉県で1回戦3試合があった。栃木県大会優勝の国学院栃木は東京学館(千葉2位)に6―5で競り勝った。27日の準々決勝で健大高崎(群馬1位)と対戦する。県大会準優勝の石橋は、25日の1回戦で東海大相模(神奈川1位)と戦う。

 ■東京学館―国学院栃木

 国学院栃木が好機にそつなく得点し、加藤ら3投手の継投で接戦を制した。初回に関の適時打で先制し、三回には最上の適時三塁打などで3点を追加した。七回に5点を奪われて追いつかれたが、その裏に海老原の犠飛で勝ち越し、逃げ切った。

     ◇

 国学院栃木の関凜斗選手(2年)は、この日4打数3安打2打点と活躍した。初回には2死二、三塁から先制の適時打を放った。

 「甘い球が真ん中に入ってきたので振り切った。初戦の先制点を自分が取りたかった」

 秋季県大会は打率5割6分5厘で首位打者に輝き、優勝したチームを牽引(けんいん)した。「いま絶好調」という。柄目直人監督からも、「うちで一番いい選手。活躍することは決まっている」と頼りにされる。

 二塁手としても活躍。三回、中堅手との間に上がった飛球を後ろ向きに飛び込んで好捕した。試合会場のZOZOマリンスタジアムは強い風が吹くので、チームで意識して練習してきた。七回に同点とされたが、勝ち越す自信はあったという。

 次は、昨秋の関東大会で優勝した健大高崎と対戦する。「自分たちは県大会をノーシードから勝ち上がった挑戦者。関東は、どこも自分たちより強いと思う。つないでいくという自分たちの試合をするだけ」(中野渉)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ