スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

日本航空、初戦で敗退 高校野球秋季関東大会開幕 山梨

2020年10月25日09時00分

 第73回秋季関東地区高校野球大会(関東地区高野連主催)が24日、千葉県で開幕した。1回戦3試合があり、日本航空(山梨2位)は健大高崎(群馬1位)に1―6で敗れた。25日は東海大甲府(山梨1位)が細田学園(埼玉2位)と対戦する。

 ■日本航空―健大高崎

 日本航空は序盤の好機を生かせなかった。二回、久次米の安打と2四球で1死満塁としたが後続が断たれ、三回の2死満塁も無得点。計3併殺を喫し、九回の内野ゴロの間の1点にとどまった。山形、小沢の両左腕は力強い相手打線に効果的に加点された。

     ◇

 6点を追う九回。先頭で打席に入った日本航空の久次米陸士主将(2年)は3球目を振り抜き、左越え二塁打で出塁。三塁に進み、二ゴロの間に遠かった本塁を踏んだ。

 安打と三塁打も放ち、3安打の猛打賞。しかし、チームとしても、個人としても、「2度の満塁の好機に得点できていれば」と悔しさをかみしめた。

 三回の2死満塁では打席が回ってきた。前打席で安打を放ち、自信をもって挑んだ。ファウルで粘ったが、結果は一ゴロだった。

 収穫もあった。秋の山梨県大会決勝で失策を重ね、失点につながった守備は無失策で乗りきった。

 豊泉啓介監督は「健大高崎は速球を振り切れる力がある」と振り返った。久次米主将も力不足を痛感した。「体を一回り大きくし、チーム全体をパワーアップしたい」。もう力負けはしない決意だ。(田中正一)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ