スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

秋季関東高校野球開幕 常総学院、初戦を突破

2020年10月25日09時00分

 第73回秋季関東地区高校野球大会(関東地区高校野球連盟主催)は24日、千葉県の柏の葉球場などで開幕した。1回戦3試合があり、常総学院(茨城2位)は前橋商(群馬2位)に快勝した。25日は鹿島学園(茨城1位)が専大松戸(千葉3位)と初戦。常総学院は27日、木更津総合(千葉1位)と対戦する。

 ■前橋商―常総学院

 常総学院は初回、伊藤琢からの5連続安打で4点を先制。積極的な打撃で相手投手の立ち上がりを攻めた。六回には伊藤琢、三輪、小野の適時打などで前橋商を突き放した。エース秋本は緩急をつけた投球。宮原らの好守に支えられ、反撃を許さずに完封した。

     ◇

 六回2死一、二塁の好機。1ボールからの2球目を振り抜くと、打球は右翼線を破り、2点適時打になった。

 「変化球が甘く入ってくるはず」。常総学院の伊藤琢磨君(2年)は、それまでの打席から、投手の変化球が抜けていると感じて狙っていた。内角真ん中に入ったチェンジアップをバットの芯で捉えた。

 新チームになって、出番に恵まれていたわけではなかった。県大会では2試合で先発。「思うような結果を出せなかった」と悔やむ。試合に出られない間、相手の投球を観察し、「いい打者は甘い球を逃さずに仕留める打者だ」と気づいた。球をよく見極め、狙いを定めて打ち返すことを意識するようになった。

 少しでもチームの得点力につながればとセーフティーバントを練習し、サインがなくても構えたりするようになった。関東大会前の練習試合では、「二番・サード」を任されることが増えていた。チームは新体制になってから「つなぐ野球」を目指す。意識するのは長打ではなく、シンプルにたたくこと。次の試合に向け、「自分が起点になって、先制点につながる役割を果たしたい」と誓った。(伊藤良渓)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ