スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

東邦と至学館が準々決勝へ 高校野球東海大会 愛知

2020年10月25日09時00分

 高校野球の第73回秋季東海地区大会(東海地区高校野球連盟主催)は24日、三重県のダイムスタジアム伊勢と四日市市営霞ケ浦球場で開幕し、1回戦で東邦(愛知2位)と至学館(愛知3位)がともに勝って準々決勝に進んだ。

 東邦は八回に4安打を集めて3点を奪い、加藤学園(静岡3位)に逆転勝ちした。至学館も大垣商(岐阜2位)にリードを許したが、八回の長打攻勢で試合をひっくり返した。25日は準々決勝があり、シード校の中京大中京(愛知1位)は海星(三重3位)、東邦は県岐阜商(岐阜1位)、至学館は三重(三重1位)と対戦する。

 ■加藤学園―東邦

 東邦が八回に執念を見せた。先頭の内田が本塁打を放って1点差に詰め寄り、1死から上田の適時打で同点。さらに2死から知崎の適時打で決勝点を奪った。加藤学園も積極的に攻め、九回も2死から佐野の二塁打で好機を作ったが、あと一本が出なかった。

 ■大垣商―至学館

 至学館が粘り強さを発揮した。六回、山岡聖の本塁打で同点。七回に勝ち越されたが、八回1死一塁から八神の三塁打と秋山の本塁打で逆転した。大垣商は至学館の倍以上の11安打を放ったが、八回1死一、三塁の好機を逃したことが最後まで響いた。

     ◇

 エース知崎滉平投手(2年)のひと振りで、東邦がしぶとく勝利をつかんだ。八回2死二、三塁、6球目のカーブを中前にはじき返し、試合を決める1点を挙げた。「ストライクが来たら何でも打とうと思っていた。ここ最近では一番うれしかった」

 元々打撃が得意で、登板しない試合では6番一塁手で出場したこともある。バットで存在感を示した一方、投球の調子はいま一つだった。先発は三浦心空(こくう)選手(1年)に譲り、五回途中から救援登板したものの、七、八回に失点。走者を出しても粘る本来の持ち味を出し切れなかった。

 この大会の成績が、来春の選抜大会出場を大きく左右する。「負けられない緊張があった。相手も自分たちも必死。今日はあまり球が走っていなかった」と重圧を感じている様子だった。県岐阜商との準々決勝に向け「相手は強いが、自分たちの力を出せば負けない自信がある」と話した。(渋谷正章)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ