スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

秋季高校野球四国大会開幕、徳島県勢2校は初戦敗退

2020年10月25日09時00分

 第73回秋季四国地区高校野球大会(四国地区高校野球連盟主催)が24日、高知市で開幕し、県立春野、高知市営の2球場で1回戦4試合があった。高知中央(高知3位)、英明(香川2位)、小松(愛媛3位)、高松商(香川3位)が勝ち、準々決勝に進んだ。25日は準々決勝4試合があり、高知市営で鳴門(徳島1位)と高知中央、明徳義塾(高知1位)と英明、県立春野で寒川(香川1位)と小松、聖カタリナ(愛媛1位)と高松商がそれぞれ対戦する。

 ■小松―鳴門渦潮

 小松打線が終盤に火を噴いた。八回1死一、三塁の好機に西田が適時二塁打を放って2点目を奪うと、九回は、赤尾、乳井、谷頭、西田の4連打などで計4得点。鳴門渦潮は九回に小松のエース古本を捉え、反撃した。楠本、高木の連打や河村の適時打で2点を挙げるなど、最後まで粘りを見せた。

     ◇

 6点差を追う九回、鳴門渦潮の9番打者、高木陽太(ひなた)君(2年)が一矢を報いる適時打を放った。

 八回まで無得点の打線が2死から奮起した。代打の菅村倖太君(2年)が追い込まれながらも四球を選ぶと、楠本想空(そら)君(2年)が左前打を放ち、一、二塁の好機を作った。

 「前の2人がしっかりつないでくれた。2死からでも逆転できる」。高木君はそう信じて打席に入った。

 マウンドには五回から救援した小松のエース右腕、古本裕大君(2年)。178センチの上背から繰り出すキレのある球に打線は苦しめられたが、高木君は七回に直球を二塁打にしていた。

 「点差が開いている分、また真っすぐで勝負してくる」

 5球目、狙い通りの直球がきた。思い切りたたくと、打球は中前へ。代走の二塁走者、石原慎也君(1年)が本塁を駆け抜け、この試合のチーム初得点。高木君は一塁ベース上でガッツポーズを見せた。

 上位打線につながり、1番の田上颯君(2年)が四球で出塁すると、続く河村壮馬君(2年)が中前適時打を放ち、さらに1点を加えた。反撃はこの2点止まりだったが、最後に徳島県準優勝校の意地を見せた。

 高木君は「選抜出場がかかる四国大会の雰囲気にチームがのまれてしまったが、この試合を通じて自分たちの課題を実感した。これから練習に励みたい」と前を向いた。(吉田博行)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ