スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

岐阜第一が快勝 大垣商は逆転負け 高校野球東海大会

2020年10月25日09時00分

 第73回秋季東海地区高校野球大会(東海地区高校野球連盟主催)が24日、三重県で開幕した。ダイムスタジアム伊勢など2球場で1回戦4試合があり、岐阜第一(岐阜3位)は松阪商(三重2位)を9―5で下し、大垣商(岐阜2位)は至学館(愛知3位)に4―6で敗れた。25日は準々決勝4試合があり、県岐阜商(岐阜1位)が東邦(愛知2位)と、岐阜第一が藤枝明誠(静岡1位)と対戦する。

 ■岐阜第一―松阪商

 岐阜第一が着実に加点し、逃げ切った。1点を追う七回、秋山の適時三塁打で2点を奪い、逆転。九回には岡本の適時二塁打で3点を追加し、突き放した。松阪商は五回、北村の適時打などで2点を奪って逆転したが、六回以降は1安打に抑え込まれた。

 ■大垣商―至学館

 至学館が長打力を見せて大垣商を制した。1点を追う八回、八神の適時三塁打で追いつき、秋山が左越え本塁打を放って2点を勝ち越した。大垣商は三回に岩本の適時打などで2点を先制し、五回と七回にも1点ずつ加えたが、好機にあと一打が出なかった。

     ◇

 岐阜第一の1番打者・岡本海透左翼手(2年)はこの日、2点本塁打、三塁打、二塁打の4打数3安打6打点と活躍し、チームの勝利に貢献した。

 初回、三塁打で出塁すると、小沢侑二郎三塁手(2年)の犠飛で本塁を踏み、先制。「先頭打者の仕事は初回に出塁すること。しっかり仕事ができた」。田所孝二監督も「初回にガツンといけた。狙い通りの展開だった」と喜んだ。

 三回には1死一塁から、真ん中高めのスライダーを左翼席に運び、2点を追加する本塁打に。「打った瞬間わかった」。高校通算12本目、公式戦では初の本塁打となった。

 秋の県大会以後、調子を落とした。打撃時に体が開くとコーチに指摘され、右方向への打撃を心がけた。この日の長打はいずれも左方向だったが、「今までならバットの先に当たり、ファウルになっていた。芯で捉えられた」。1点リードの九回には1死満塁から走者一掃の二塁打を放ち、3点を追加した。

 1年の夏から1番を任されている。中軸よりも自分に合っているという。「甲子園を目標に、次も勝ちにいく。低い打球を心がけ、先頭打者の仕事をしたい」と力を込めた。

     ◇

 大垣商は谷口優喜投手(2年)が先発した。6回を被安打3と粘り強く投げたが、本塁打などで3点を失い、敗れた。

 リードして迎えた六回、至学館の4番・山岡聖弥捕手(2年)に投げた初球はインコースの直球。甘く入り、2点本塁打で試合を振り出しに戻された。「一番大事な場面で打たれてしまった。自分が踏ん張れたら、違う展開だった」と悔やんだ。

 背番号10をつけて県大会で好投。この日はエースとして登板した。直球と変化球で緩急をつけ、かわす投球が持ち味だが、この日はカーブの制球に苦しんだ。

 試合後、「大事な場面でギアを上げられる投手になりたい。冬に走り込み、配球についても学びたい」と次を見据えていた。(板倉吉延)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ