スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

秋季高校野球四国大会開幕 高知敗れる 1回戦

2020年10月25日09時00分

 第73回秋季四国地区高校野球大会(四国地区高校野球連盟主催)が24日、高知市で開幕し、県立春野、高知市営の2球場で1回戦4試合があった。高知中央(高知3位)、英明(香川2位)、小松(愛媛3位)、高松商(香川3位)が勝ち、準々決勝に進んだ。25日は準々決勝4試合があり、高知市営で鳴門(徳島1位)と高知中央、明徳義塾(高知1位)と英明、県立春野で寒川(香川1位)と小松、聖カタリナ(愛媛1位)と高松商がそれぞれ対戦する。

 ■高知―高松商

 高松商はコンパクトな打撃で、150キロ台の速球を誇る高知のエース森木を打ち崩した。1点リードの二回、野崎と浅野の連打で2点を加え、主導権を握った。終盤には犠飛などで2点を追加した。高知は六回に田野岡の2点適時三塁打で1点差としたが、この回以外は得点できず、森木を援護できなかった。

     ◇

 「よっしゃーOK」。三回裏2死一塁、高松商の打者を内野ゴロに打ち取ると高知の森木大智(2年)は自分を鼓舞した。この試合初めて、無失点で抑えた。

 県予選で150キロ台の速球を連発し、プロのスカウトも注目する。全国から観客が詰めかけ、スタンドに立ち見も出るほど。だがエースは立ち上がりから不安定だった。一回に先制されると二回も連打であっさり2点を追加された。

 この日はカーブの制球が甘く、頼った直球を大振りしない高松商打線に狙い打たれた。「失点しないという結果を求めて弱気になった。置きに行ってしまった」。ここぞの場面で直球が決まらず、シュート回転したり高めに浮いたりした。

 四回からの3イニングも得点を許さず、立ち直ったかに見えたが、味方打線が1点差に迫った後の七、八回に追加点を許し、力尽きた。野球に取り組む姿勢を評価しているという浜口佳久監督は「大舞台でベストピッチができないのでは意味がない」と残念がった。

 7奪三振と「らしさ」を見せる一方で5四球、3暴投。本人も認める独り相撲だった。森木は「次はチームが勝つためのピッチングをしたい」と雪辱を誓った。=敬称略(清野貴幸)

 ■松山城南―高知中央

 高知中央は1点リードの四回、小松の中越え三塁打と吉岡の連打で3点を加え、試合を優位に進めた。エース吉岡は的を絞らせない投球で五回まで走者を許さず、完封勝利。終盤の粘りが持ち味の松山城南は八回、公式戦初出場の代打西村がチーム初安打。九回は走者を三塁まで進めたが、後続を断たれた。

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ