スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

三重3位の海星、9回逆転勝ち 秋季東海高校野球

2020年10月25日09時00分

 第73回秋季東海地区高校野球大会(東海地区高校野球連盟主催)が24日、ダイムスタジアム伊勢と四日市市営霞ケ浦球場を会場に開幕し、1回戦4試合があった。海星(三重3位)は常葉大菊川(静岡2位)に7―6で逆転勝ちを収めた。松阪商(三重2位)は岐阜第一(岐阜3位)と接戦の末、5―9で敗れた。25日は準々決勝4試合があり、初戦となる三重(三重1位)が至学館(愛知3位)、海星が中京大中京(愛知1位)と対戦する。

 ■海星―常葉大菊川

 海星は序盤に5点を奪われたが、4点を追う五回に山崎が三塁打で出塁すると、山川の犠飛や木村の適時二塁打などで3点を返した。九回には牧志の適時打で同点に追いつくと、2連打と死球で1死満塁に。勝田のスクイズで2点を追加し、逆転勝ちした。

     ◇

 九回表1死満塁の絶好機に、勝田匠君(2年)は打席に入った。監督からのサインはスクイズ。3球目、その指示通りにスクイズを決めた。走者2人が生還し、チームは勝ち越しに成功した。

 このときの球は内角低めだった。だが、どこに投げられても、バットに当てる自信はあった。人一倍強い思いで、バント練習に取り組んできたからだ。

 きっかけは秋の県大会準決勝で、送りバントに失敗したことだった。「もう悔しい思いをしたくない」。以降、朝7時前から学校に来て、ひたすらバントの練習を繰り返した。

 「もしかしたら、監督は自分が朝にバントの練習をしていたところを見てくれていたのかも」

 準々決勝に向け、意気込みは強い。「逆転できた良い雰囲気を初回から出して頑張りたい」。この勢いのまま、さらに上をめざす。(岡田真実)

 ■岐阜第一―松阪商

 終盤まで競り合いを続けた松阪商だったが、九回の3失点は重かった。1死満塁から走者一掃の二塁打を浴びた北村音湧君(2年)は試合後、「自分がもう少し粘れたら」と、もどかしそうに振り返った。

 相手に先行されても、二回に早川宙輝君(2年)の適時打、四回に大西来貴君(2年)の適時三塁打などで追いついた。五回には高山公平君(2年)のスクイズと北村君の適時打で一時は勝ち越したが、もうひと押しが足りなかった。

 夏季大会で準決勝まで進んだため、新チームの始動は遅れた。北村祐斗監督は「ここまでよくやった。選手個々の力を冬に伸ばしたい」と手応えを強調した。

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ