スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

8強決まった秋季高校野球中国大会、島根県勢は姿消す

2020年10月25日09時00分

 第135回秋季中国地区高校野球大会(中国地区高校野球連盟主催、朝日新聞社など後援)は24日、島根県で2日目があった。県立浜山公園野球場(出雲市)と松江市営野球場でそれぞれ1回戦2試合があり、盈進(えいしん、広島)、米子東(鳥取)、広島新庄、桜ケ丘(山口)が勝ち、8強が出そろった。島根県勢の4校は全て姿を消した。

 ■立正大淞南―米子東

 立正大淞南は終盤の好機にあと一本が出ず、延長戦で競り負けた。2点を追う四回、重栖が右翼線に適時二塁打を放つ。六回、1死二塁で谷川が甘いスライダーをレフトへの適時二塁打とし同点に。「初球から積極的に振ると決めていた」と流れを取り戻した。しかし、八回以降は毎回得点圏に走者を置くが適時打が出ず、2度の走塁死で自ら好機を手放した。

 先発持田は二回以降持ち直し、五回途中から登板の新地も好投。六回以降2―2のまま均衡が続いたが、延長十一回1死満塁で3番手井上が米子東・岡本にサヨナラ打を浴びた。

 2本の長打を含む3安打と気を吐いた捕手谷川は試合後、「投手陣の持ち味を引き出せなかった。悔しさを忘れずに練習していきたい」。太田充監督は「守備面は良かったが、選手の経験不足が出てしまった」と話した。(清水優志)

 ■矢上―桜ケ丘

 矢上は、リードしては追いつかれる細かい点の取り合いを展開するも、最後に力が出せなかった。

 初回、先頭打者の秋田が出塁し、梶川の犠飛で先制。二回に追いつかれたが、四回に左翼安打で出塁した竹田を、桃田が左越え適時二塁打でかえし再びリードした。しかしその裏に、相手の三塁打などでまた同点とされた。

 五回、相手3番打者にスライダーを打たれ二塁走者がかえり、初めて先行を許した。さらに2安打と四球で1点を追加される。山本翔監督は「バッテリーは間を変えるなど工夫したが、相手が一枚上だった」。

 先発桃田は、六回から得点を許さなかったものの、打線が桜ケ丘先発の落ちる球に手が出なかった。一方、守備では、二塁手・照喜名と遊撃手・秋田を中心にした内野が好プレーを連発。桜ケ丘の進塁の機会を何度も防いだ。(榊原織和)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ