スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

東京学館が初戦惜敗 秋季関東高校野球

2020年10月25日09時00分

 第73回秋季関東地区高校野球大会(関東地区高野連主催)が24日、ZOZOマリンスタジアム(千葉市)などで開幕した。東京学館(千葉2位)は国学院栃木(栃木1位)に5―6で敗れた。25日は専大松戸(千葉3位)が鹿島学園(茨城1位)と対戦。木更津総合(千葉1位)は27日に常総学院(茨城2位)と戦う。

 ■東京学館―国学院栃木

 東京学館が終盤に追い上げたが惜敗した。先発田中は三回に四球と二塁打で無死二、三塁のピンチを招き、救援した根本も勢いを止められず3失点。打線は七回、平尾の中前打を皮切りに入山、岡田らの4単打などで同点としたが、直後の失点が痛かった。

     ◇

 小柄な強打者が意地を見せた。七回表2死二、三塁。一打同点の好機で、東京学館の5番・細越陸君(2年)が左打席に入った。5球目、狙っていた内角の直球を振り抜くと、打球は中前へ。2点適時打となり、この回で5点差を一気に追いついた。

 身長167センチ。チーム内では小柄な方だが、その「真面目さ」が中軸に座る理由だ。打率2割5分に終わった県大会終了後も、毎日2時間、バットを振った。コーチにフォームの指導を頼み込み、「肩をボールにぶつける感覚」を身につけ、この一打につなげた。

 一塁の守備でも、審判や死球で出た打者に帽子をとってお辞儀。邪飛もフェンス手前まで必ず追いかける。八回裏無死一塁では、バントの構えに素早くダッシュし、二塁へ送球。併殺でピンチの芽を摘んだ。「細越の一生懸命さがうまく出てくれた」と市川知明監督もたたえた。

 初戦敗退で快進撃は止まったが、チームは創部初の関東大会出場。細越君以外、今夏の独自大会ではベンチ入りしていない中で、「東京学館旋風」を巻き起こした。「甲子園は夢じゃなく、目標になった」。細越君は前を見据えた。(福冨旅史)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ