スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

宇部鴻城・下関国際が初戦突破 秋季高校野球中国大会

2020年10月24日09時00分

 第135回秋季中国地区高校野球大会(中国地区高校野球連盟主催、朝日新聞社など後援)が23日、島根県で開幕した。県立浜山公園野球場(出雲市)と松江市営野球場でそれぞれ1回戦2試合があり、岡山学芸館、下関国際、宇部鴻城、鳥取城北が8強入りを決めた。新型コロナウイルス感染症対策のため原則無観客で、開会式は行われなかった。

 ■仲間のため つないだ本塁打 宇部鴻城・平田健真選手

 自身公式戦初の本塁打は、長打は狙わず「仲間のためにつなぐ」の一心から生まれた。

 六回2死一、二塁、平田健真君(2年)が左打席に入った。狙いは内角直球。高めの初球を思い切り振り抜いた。

 「少し詰まった。入ってくれるといいなと思っていた」。右翼席に飛び込む3点本塁打となった。

 県予選では全試合4番で先発出場。3位決定戦までの5試合で7安打を放ち、計5打点を挙げた。尾崎公彦監督からは「つなぎの4番」と言われていた。

 この日は3番遊撃手で先発し、5打数4安打3打点の活躍。県予選の準決勝では自らの守備のミスが失点に結びつき敗れたが、この日は2併殺に絡み、相手チームに流れを渡さなかった。

 「チームの役に立てたのがうれしい。次も4番につなぎたい」(寺島笑花)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ