スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

岡山学芸館、ここ一番の快音 中国高校野球

2020年10月24日09時00分

 岡山学芸館がここ一番の長打で、シーソーゲームをものにした。

 3点を追う五回。1点を返し、満塁で打席に入った宇地原丈智(じょうじ)君(1年)は冷静だった。「相手投手はスライダーのキレが悪い。勝負球は直球のはず」。追い込まれたが、佐藤貴博監督が「試合を決めるキーパーソン」と期待する1年生は慌てない。

 フルカウントからの6球目。狙い通りの直球を振り抜くと、中越えの逆転三塁打に。三塁に滑り込んだ宇地原君は、沸き上がるベンチへガッツポーズで応えた。「打てると念じ、強気で打った。フライかと思ったが、打球が伸びてラッキーだった」

 逆転を許して迎えた七回には、赤木颯汰君(2年)がヒーローとなった。

 2死走者なしから3連打で同点に追いつき、打席に入った赤木君。捕手で先発したが、投手陣をうまくリードできず、三回には四球やミスも絡んで4点を先行された。四回を終え一塁手に回り、「打撃で投手を援護する」と意気込んでいた。

 「ホームランを打て」。佐藤監督にそう送り出され、2球目を思い切り振り抜いた。打った瞬間、本塁打を確信。打球は大きな弧を描き、左翼手の頭を越えていった。

 赤木君は右拳を握りしめ雄たけびを上げて喜んだ。六回から継投した西村陸努(りくと)君(2年)は「苦しい時に赤木がやってくれた。おかげでリラックスして投げることができた」と感謝の言葉を口にした。岡山学芸館は25日、4強をかけ下関国際(山口)と対戦する。(田辺拓也)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ