スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

秋季中国大会開幕 鳥取城北が8強入り

2020年10月24日09時00分

 第135回秋季中国地区高校野球大会(中国地区高校野球連盟主催、朝日新聞社など後援)が23日、島根県で開幕した。県立浜山公園野球場(出雲市)と松江市営野球場でそれぞれ1回戦2試合があり、岡山学芸館、下関国際(山口)、宇部鴻城(同)、鳥取城北が8強入りを決めた。新型コロナウイルス感染症対策のため原則無観客で、開会式は行われなかった。

     ◇

 ◎…石見智翠館は投手陣が制球に苦しみ両チーム計22安打の打撃戦に敗れた。

 三回、塩田の二塁打などで一、二塁の好機を演出し、敵失の間に1点を先取。続く宮本が高めのスライダーを豪快に振り抜き、左翼への3点本塁打を放つ。宮本は「後輩がつくったチャンスを無駄にしたくなかった」。

 エース山崎琢は序盤、力ある直球にスプリットを織り交ぜ相手打線を封じた。しかし、五回2死一、三塁で登板した豊岡が押し出し四球や適時三塁打を浴び逆転を許す。1点を追う六回、内野ゴロの間に同点とし、再び宮本が勝ち越しの適時打を放った。直後の七回の守り、ボール球先行の豊岡が2死から本塁打を含む4連打を浴び、6―9と再び追う展開に。八回から再登板の山崎琢も失点し、流れを止められなかった。

 末光章朗監督は試合後、「中盤に四球が重なり、バタバタと失点してしまった。防げたはずの失点を減らせるよう、冬に鍛え直したい」と話した。(清水優志)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ