スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

高校生の目玉は剛腕・高橋宏斗、大器は山下舜平大

2020年10月23日16時00分

 プロ野球の新人選手選択(ドラフト)会議が26日に開かれる。注目の選手を「高校生」と「大学生・社会人」に分けて紹介する。

 高校生でナンバーワンは最速154キロ右腕の高橋宏斗(愛知・中京大中京)だ。昨秋の神宮大会を制し、今夏の甲子園交流試合では終盤でも球威が落ちなかった。カットボールの精度も高校生離れしている。当初は大学進学を希望していたが、「小さい頃からの夢に早く近づく」とドラフトまで3週間を切ってプロ志望を表明した。地元中日の1位指名が有力だ。

 伸びしろやスケールの大きさで言えば、山下舜平大(しゅんぺいた)(福岡大大濠)が一番。高校3年間で投げた球種は直球とカーブだけで、この二つを徹底的に磨いた。コロナ自粛明けの6月に球速が一気に上がり、153キロに。全国区に躍り出た。189センチの長身から投げ下ろす球は迫力満点で、獲得球団は育成力が試される。

 1年の夏から甲子園のマウンドを経験した中森俊介(兵庫・明石商)は完成度が高い。力任せにならず、同じ球種でも状況によってスピードに変化をつけられる。調子が悪くても大崩れしないのはプロのベテラン投手のよう。最速152キロの小林樹斗(智弁和歌山)も経験豊富。球威で勝負するタイプで、短いイニングへの適性を高く評価する球団も多い。

 左腕では高田琢登(静岡商)と松本隆之介(横浜)に人気が集まる。高田は鋭く曲がるカーブを操り、松本は身長188センチの長いリーチを生かした投げっぷりがいい。

 野手では来田涼斗(明石商)の身体能力が際立つ。初球からフルスイングできる積極性に加え、50メートル走5秒9の脚力を生かした外野守備も魅力。昨春の選抜大会では1試合で先頭打者本塁打とサヨナラ本塁打を放った。同じ右投げ左打ちの小深田大地(大阪・履正社)も打球の速さでは負けていない。昨夏の甲子園は3番三塁で打率3割6分、全国制覇に貢献した。

 今年は春夏の甲子園が中止になり、高校生のアピールの場として合同練習会が開かれた。そこで評価を上げたのが中山礼都(中京大中京)と高寺望夢(長野・上田西)の2人の遊撃手。ともに広角に打ち分けられ、将来性豊かだ。(山口裕起)

 ■高校生の主な上位候補

 名前     所属校     位置  投打

高橋 宏斗  中京大中京(愛知) 投  右右

山下 舜平大 福岡大大濠     投  右右

中森 俊介  明石商(兵庫)   投  右左

小林 樹斗  智弁和歌山     投  右右

高田 琢登  静岡商       投  左左

松本 隆之介 横浜(神奈川)   投  左左

来田 涼斗  明石商(兵庫)   外  右左

小深田 大地 履正社(大阪)   内  右左

中山 礼都  中京大中京(愛知) 内  右左

高寺 望夢  上田西(長野)   内  右左

新着ニュース

アクセスランキング

注目動画

一覧へ