スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

東北大会 決勝は宮城県勢の対決に

2020年10月19日09時00分

 第73回秋季東北地区高校野球大会(東北地区高野連主催、朝日新聞仙台総局など後援)は18日、準決勝2試合が宮城県内であった。柴田(宮城)が日大山形(山形)を下し、仙台育英(宮城)は花巻東(岩手)に競り勝った。20日の決勝は宮城県勢の対決となる。

     ◇

■柴田―日大山形

 柴田が相手投手の立ち上がりを攻めた。一回、先頭の我妻が内野安打で出ると四死球や守備の乱れなどで4点を先制。三回には村上が2点本塁打を放った。谷木は制球力を武器に無失点の完投。日大山形はたびたび三塁まで走者を進めたが、後続を断たれた。

     ◇

 連続安打を許した後の暴投で、柴田の右腕エース谷木亮太君(2年)は五回に2死二、三塁のピンチを迎えていた。それまで毎回、三者凡退に抑えていた。捕手の舟山昂我君(2年)が駆け寄って「強気でいくぞ」と促す。守備につく仲間は「打たせてこい。絶対守る」と声を飛ばした。

 2ボール2ストライク。ファウルを一つ挟んでからの6球目。低めに投じて二ゴロに打ち取ると、笑みがこぼれた。

 県大会からすべて先発。準々決勝で被安打12と苦しい場面もあったが、「仲間が打って助けてくれた」。この日は制球がさえて完封勝利し、創部初の決勝進出だ。来春の選抜大会出場も濃厚で、春夏通じて初めての甲子園になるかもしれない。

 ただ、まずは決勝。相手は県大会で6回コールド負けを喫した仙台育英。「やってきたことを出して、いい結果につなげたい」(近藤咲子)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ