スポブルアプリをダウンロードしよう

  • Sportsbull Android App
  • Sportsbull iOs App

すべて無料のスポーツニュース&動画アプリの決定版!

QRコードを読み込んでダウンロード

Sportsbull QRCode

チャンスに強い打者、意識 市和歌山・田中省吾君

2020年10月19日09時00分

 秋季近畿地区高校野球大会(近畿地区高校野球連盟主催、朝日新聞社など後援)は18日、京都市右京区のわかさスタジアム京都で1回戦3試合があった。智弁学園(奈良2位)と龍谷大平安(京都1位)、市和歌山(和歌山1位)が勝ち、それぞれ準々決勝に進んだ。

 19日にも1回戦3試合がある。第1試合が東海大仰星(大阪2位)―智弁和歌山(和歌山3位)、第2試合が和歌山東(和歌山2位)―京都国際(京都3位)、第3試合が神戸国際大付(兵庫1位)―近江(滋賀2位)。いずれも無観客で行われる。

■市和歌山2-1東播磨

 1点を追う六回表、市和歌山の先頭打者・田中省吾君(2年)が打席へ向かった。「(先発の小園健太君が)頑張っている。自分が出てやろう」。直球に狙いをしぼり、思い切りバットを振り抜くと、球は左翼フェンスを越えてスタンドへ。同点打となった。

 田中君は五番打者。不動の四番・松川虎生君(2年)の後ろを任されている。半田真一監督は「ここという場面で結果を出してくれる選手。そこを買った」。田中君は「(出塁率が高い)松川の後なので、基本的にランナーがいる。チャンスに強い打者じゃないとだめだと意識している」と話す。九回に好機で凡退したことを踏まえ、「本塁打以外はタイミングが合ってなかった。修正したい」と反省も口にしたが、県予選の決勝で本塁打を放つなど、結果を積み重ねている。

 次の試合で勝利すれば、2年ぶりの選抜大会出場へ大きく近づく。「甲子園は夢。先輩たちからも『良い舞台』と聞いている。次勝って、行きたい」。夢の大舞台は、目の前だ。(滝沢貴大)

関連記事

アクセスランキング

注目動画

一覧へ